星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

そもそもの始まりは、H97-PROのCPUの温度センサーが50℃もズレていることに始まった。

 

初Haswellに興奮していは俺は、早速p8Z67 V-PROマザーをメインマシンから外し、そこへ入れ替える形でH97-PROを導入した。

使用するCPUは2万円(ソケット形間違えたという友人から譲っていただいた)で入手した4770K。

 

早速ぶち込んで電源を入れる。

 

「さすが爆熱CPUだなぁ。もうBIOSの時点で温度高めだわ・・・、2600Kの比ではない。」とブツクサいいながらOC。

20%のOCでもう限界を見せてしまった。

 

やはりハンダで溶着されている2600Kと比べてしまうと全く回らない。前のCPUでは本当に気持ちいいくらいによく回ってくれたので、噂には聴いていた爆熱っぷりにちょっと肩を落とした。

 

OCCTによる負荷テストの最中、ふとマザボ付属のAI SUITEで温度をチェックしてみた。

 

46℃。

 

CPUクーラーも全然高回転していない、あまりにも仕事をしない冷却ファン。

Core Temp読みで86℃をたたき出すCPU。

しかし、ファンの回転数は上がらず、AI SUITE上では46℃で止まっている。

 

負荷テストを中断すると、CoreTemp読み41度まで一気に下がった。しかし、AISUITE上では非常にゆっくりした速度で温度が下がっていく。

ということで代理店であるアユートへ問い合わせしてみる・・・。

 

結果は素晴らしい回答

おそらく仕様です。」

 

ちょいちょい!と突っ込むも、CoreTempが高く表示することがあるという前例のお話を持ち出し、不毛な言い合いになると思いその時はそれで引き下がった。

しかし、爆熱CPUで、OC時水冷が必須で、殻割りもした方がいいと評判のCPU。

46~50℃で頭打ちになるはずがない。実際CoreTempで100℃に達した時は(検証の為100℃での計測実施)クロック周波数が下がった。

 

それに突っ込むと、「故障の可能性がある。販売店に相談して初期不良対応してもらってほしい」という、突然サポートを丸投げしてきた。

アユートが代理店の商品はもう買うまい。

 

結局販売店であるパソコン工房へ連絡し、いきさつを説明。担当者の名前とやりとりの記録をメールで送信し、修理対応となった。

 

からの翌日

 

自作PCのSSD空き容量が残念なことになり、同じモデルのSSDを買い足したのが届いた。

フルバックアップを取り、いざRAID0設定へ。

 

インストール等の作業をしている間に何度もRAIDアレイがエラーを発し、読み書きが出来なくなる。

そのたびにRAIDを修復するのだが、それでもすぐ壊れる。

 

 ・・・・RAIDが崩壊しまくるのです。

SATA6Gポートに刺さっているのにもかかわらず、3Gとして認識していたりと挙動も怪しく、SATAケーブルももちろん6Gbps対応です。

 

マザボ側のSMART監視機能にてエラーが出てこけるようになり、もうめんどくさくなったので修理に出しました。これもパソコン工房です。

 

からの翌日

 

仕方ないので、フルバックアップとったイメージファイルをSSDに描き戻す作業中に動作が停止。アクセスランプが全く光らない状態に。

その後何をしても書き込みが出来なくなってしまった。

PartedMagicを使用して詳細を確認。

 

1.8GBしか全体容量がありませんでした。

今年1月に購入し、丁度9ヶ月。

直前にフルバックアップ取っていて良かった・・・・。完全に突然死です。

 

結果、2014/9/2 3 4日と次々に故障が相次ぎ修理へ旅立ち、自作PCが弄れない、オーバークロッキング記事も書き足せないという苦しい状態。

 

愛用のノートPCだけではやりたい事が一切完了出来ない。

 

そんなこんなで耐える事2週間

本日修理から戻ってきました。

 

 

マザボは基盤交換、SSD1は症状が出ず返送。SSD2はメーカーより新品が送られてきた。

明日は殻割りしたCPUにリキプロ塗布を行う予定である。

そしてマシンを組み直し、また激しく弄ってやろうぞ

カテゴリ: パソコン