この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

俺は思った。

 

何故今までOCしなかったのかと・・・・・・。

 

幾ら考えても幾ら考えても、

 

答えは1つしかなかった。

 

電気代が気になるんじゃ(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

というわけで、今回i7 2600K(OC4.8GHz)のマシンに載ってるGTX570をOCしてみようと思う。

 

・・・・・メーカーどこだ・・・?

 

Palitでした。

というわけで早速メーカーのOCツールを落としてきて触ってみる。

1393050849674

電圧盛りに盛って0.149まで(上限値)まで上げて一気に931MHzまで上げてみた。(よい子のみんなはマネすんなよ!)

そしてPSO2のベンチマークを走らせてみたのだが、ものの見事にWindowsごと落ちた。

900MHzまで落とすと、一応落ちはしなくなった。ように思えたが、コア温度が83度になった途端OSごと落ちた。

電圧盛りすぎても爆熱になるのは知っていたので、一気に0.050Vまで落としてみた。

今度はPSO2のベンチマークが最後まで走る前にドライバーの回復が行われてしまう。

最終的に0.75Vで安定する事が分ったため、OC900MHzの設定をここで完了とした。

ベンチマークを走らせると、こんなに電力喰らいに。(アイドル時110W)

1393052279892

これ、CPUも負荷最高までかけたら軽く500W越えるじゃん・・・。

pso20140222 160438 001

おお、でもあと少しで5万行くじゃないか!

でも若干GPU遊んでるからなぁ・・・やっぱりメモリがボトルネックになってるか。

 

これ以上のOCは流石に冷却しきれないのでここまで。

1393051630635

うーん、PCケース内温度40度か・・・。

まぁ実際はもうちょい低いはずだけど、センサーの位置がまずいわ。

 

 

各OC・DC設定

 

プロファイル GPUクロック メモリクロック 電圧
1番 -327MHz -1576MHz ±0
2番 +100MHz +148MHz +0.037
3番 +150MHz +148MHz +0.050
4番 +168MHz +148MHz

+0.075

5番 -136MHz +148MHz

±0 

カテゴリ: パソコン