Zabbix2.4がリリースされ数か月が過ぎた。出た当初から気になってはいたものの、何か面倒くさいものを感じていたので触ることはなかったが、とりあえずパフォーマンス向上等も盛り込まれているらしいのでアップデートしてみた。

前回同様ソースとなるrpmファイルをrebuildしてしまう。

wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/6/SRPMS/zabbix-2.4.1-1.el6.src.rpm

rpmbuild –rebuild zabbix-2.4.1-1.el6.src.rpm

64ビットOSを使用していれば以下のディレクトリに出力される。が、ビルド完了時にちゃんと出力先とファイル名が見れるので確認しておこう。

cd /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/

/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-agent-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-get-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-sender-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-server-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-server-mysql-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-server-pgsql-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-proxy-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-proxy-mysql-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-proxy-pgsql-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-proxy-sqlite3-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-java-gateway-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/noarch/zabbix-web-2.4.1-1.fc20.noarch.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/noarch/zabbix-web-mysql-2.4.1-1.fc20.noarch.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/noarch/zabbix-web-pgsql-2.4.1-1.fc20.noarch.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/noarch/zabbix-web-japanese-2.4.1-1.fc20.noarch.rpm
/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/zabbix-debuginfo-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm

 

そして、アップデートするのは

zabbix-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
zabbix-agent-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
zabbix-get-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
zabbix-sender-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
zabbix-server-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm
zabbix-server-mysql-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm

だけなので、

yum install zabbix-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm zabbix-agent-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm zabbix-get-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm zabbix-sender-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm zabbix-server-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm zabbix-server-mysql-2.4.1-1.fc20.x86_64.rpm

を打ち込んで(よく誤字しまくる)インストールを実行すればおk。
アップデートするパッケージは各自環境で対象が違うこともあると思うので、そこんとこは読み替えてほしい。

 

そうすると出てくる問題の1つにフロントエンドが対応できないという問題。エラーが出て管理画面に入ることが出来なくなるので、こちらもアップデートが必要だ。

しかし、僕の環境では通常のPHPと同じようにFTPでアップロードし利用しているためrpmパッケージでインストールするのはあまりしたくない。(httpd.confは触らない方向で行きたい)
なので、ZabbixオフィシャルからZabbix 2.4のアーカイブファイルを落としてくる。

解凍して出てきたフォルダの中にfrontendsがあるので、その中のPHPフォルダをアップロード。初期設定を施し運用開始となった。

一応、検索エンジンが回ってこないよう対策したディレクトリで尚且つ、認証が必要なディレクトリに配置した。