Category Archives: 未分類

Zabbixを使ってIPMI監視

RX200/300 S6を計4台ゲットしたので、IPMIによるセンサー監視をしてみよう!
と割と雑な感じで開始しました。

まぁ設定方法は、テンプレートは検索すれば出てくるのでそれでさくっとインポートしてしまい、
認証アルゴリズムを「RMCP+」
特権レベルを「ユーザ」に設定しました。
そのままユーザー名、パスワードを入力してしまいます。

あとは、IPMIインターフェースにIPMIのIPを設定して・・・
・・・・・取りこぼしが多すぎて監視になりません。。。。。。

多分ですがセッション数が多すぎて繋がらなくなるようで・・・。
Zabbixサーバー側で色々設定変えてみたりしましたがまるで効果無し・・・。

IPMIだとハード側への負荷で問題になることがあるようです。3.4では接続をキャッシュしたりしてハード側への負荷軽減となるよう改善を行っているみたいです。

との事らしいです。
Zabbix側既存の問題らしい。
というわけで雑なShellScriptで対応してしまいましょう。

使いたい方居ればどうぞお使い下さい。
hostname=ZabbixServer側で登録しているホスト名
server_ip=ZabbixServerのIPアドレス
ipmi_ip=監視したいIPMI IP
account=IPMIアカウント(別途専用で作るよろし)
password=IPMIアカウントパスワード(別途専用で作るよろし)

#!/bin/sh
#
#Fujitsu RX200 S6 iRMC用テンプレ
hostname=
server_ip=
ipmi_ip=
account=
password=

if ping -c 1 $ipmi
then
FAN1_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN1 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN2_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN2 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN3_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN3 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN4_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN4 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN5_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN5 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN6_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN6 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN7_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN7 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN8_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN8 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN9_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN9 SYS"         | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN10_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN10 SYS"       | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN11_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN11 SYS"       | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
FAN12_SYS=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "FAN12 SYS"       | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
PSU1_Power=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "PSU1 Power"     | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
PSU2_Power=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "PSU2 Power"     | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
Total_Power=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "Total Power"   | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
Total_Power_Out=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "Total Power Out"  | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`

Ambient=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "Ambient"          | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
Systemboard=`ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "Systemboard"      | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`

#ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "CPU1"             | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`
#ipmitool -I lanplus -H "$ipmi_ip" -U $account -P $password sdr get "CPU2"             | grep "Sensor Reading" | awk '{print $4}'`

zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN1_SYS -o "$FAN1_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN2_SYS -o "$FAN2_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN3_SYS -o "$FAN3_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN4_SYS -o "$FAN4_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN5_SYS -o "$FAN5_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN6_SYS -o "$FAN6_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN7_SYS -o "$FAN7_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN8_SYS -o "$FAN8_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN9_SYS -o "$FAN9_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN10_SYS -o "$FAN10_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN11_SYS -o "$FAN11_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k FAN12_SYS -o "$FAN12_SYS"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k PSU1_Power -o "$PSU1_Power"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k PSU2_Power -o "$PSU2_Power"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k Total_Power -o "$Total_Power"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k Total_Power_Out -o "$Total_Power_Out"

zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k Ambient -o "$Ambient"
zabbix_sender -z "$server_ip" -s "$hostname" -k Systemboard -o "$Systemboard"
else
        echo "error"
fi

本日から・・・

長らく更新を停止していた鯖管ブログを再開する事にしました。

基本的に独学でやってます故・・・何かと至らぬ点があるかもですが。

一先ずそれだけです。

 

というのも少々淋しいので、近況とかそういったものでも書いていこうかな?とか思ったりしました。
割と最近なのですが、ついに自宅にラックマウントサーバーを置きまして、そちらの方でWebサイトの運営を開始しています。

5月中に気温が33度超えする等、なかなか運用するには厳しいであろうと思われる気温だったりします。
正直エアコン導入した方がいいんじゃないかとか、そういう考えはあるのですが・・・。
ゲーム中40度越えする自室のエアコンも購入しないとならないのでそんな余裕は毛頭ありません。

Read more ...

2015/04/14 不正アクセス一覧

IP HOST名 不正カウント 都道府県 市区町村 組織名
104.192.0.18 want.some.vodka 1 アメリカ合衆国 ヴァージニア州 NoDATA NoDATA
142.54.165.154 対応するホスト名がありません。 50 カナダ オンタリオ州 トロント Canadian Market Images Ltd.
202.103.243.104 対応するホスト名がありません。 1 中華人民共和国 北京市 NoDATA Indy Library(中国の404エラー乱立させる下品なBOT)
23.95.12.210 対応するホスト名がありません。 1 アメリカ合衆国 ヴァージニア州 NoDATA NoDATA
36.251.87.71 対応するホスト名がありません。 24 中華人民共和国 北京市 ?城区 NoDATA
61.160.195.10 対応するホスト名がありません。 43 中華人民共和国 江?省 南京市 NoDATA
69.197.148.87 69-197-148-87.vps.mci.us.datashack.net 1 アメリカ合衆国 ミズーリ州 NoDATA Alex Hall
91.200.12.40 seo30.heilink.com 2 ウクライナ NoDATA NoDATA NoDATA
91.200.12.95 seo19.heilink.com 2 ウクライナ NoDATA NoDATA NoDATA
94.20.71.221 mail3.datacenter.az 232 アゼルバイジャン NoDATA NoDATA NoDATA

Cockpit というブラウザから監視を行えるスグレモノ

数日前、VM環境で少々触っていたFedora21 Serverを実装させたため、今回導入されたCockpitというモノを早速使用していこうかなと思います。

外から見るときはモチロンVPN等を使用します。rootで入れたりする当たり、そのままバーンと公開してしまうのは非常に恐いです。なので、基本はローカルエリア内だけにします。

bandicam 2015-02-06 12-03-41-888

アクセス方法はhttp://サーバーIP:9090 です。Cockpit自体はFedora21で構築していればデフォルトで立ち上がってきます。

他にDockerもありますが、こいつの起動自体は
systemctl start docker で問題ないです。

とりあえず、認証ウィンドウ出てますけど、ここからだとログイン出来た事がないのでそのまま閉じてしまい、下部に表示されるログインフォームを使用します。

bandicam 2015-02-06 12-04-50-083

独自ドメインがあり、ローカル内で名前解決できるのであればそちらでアクセスしてもいいのですが、そっちだとログイン画面は出てもログイン出来ないのでIP直打ちで対応してます。

Read more ...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。