Category Archives: Linux

RHEL7とかFedora24とか25とか/var/run/zabbixが消滅する事案

OS入れ替えとか、Zabbixのソースビルドからのインスコで出た問題ですが、
サーバー再起動するとPIDを作成するディレクトリごと消えて、Zabbixが起動出来なくなる問題が発生する。

するんですよ奥さん(うるさい

昔の自分ならシェルスクリプトに
mkdirでディレクトリ作って~
所有ユーザー弄って~
パーミッション弄って~
systemctl start zabbix-server投げてー

みたいな事やってました。
そんでも独学とはいえ、最近やれることが増えてきたので色々いじっていきます。

今回弄るのは/etc/init.d/zabbix-serverですね。
中を見てみます。

conf=/etc/zabbix/zabbix_server.conf
pidfile=$(grep -e "^PidFile=.*$" $conf | cut -d= -f2)
timeout=10

この辺りで設定ファイル読んでPIDファイルの保存先を抽出してますね。
でも今はその保存先のディレクトリだけが欲しいので、別途piddirという変数へ格納してしまいます。

Read more ...

MegaCliを使用して外れてしまったRAID5のディスクを再復帰させる

HDDに使用している電源ケーブルの不良で稼働中にHDDの電源が落ちてしまい、
自動では復旧してくれなかったので手動修正することにします。

先ずは下記コマンドで全体の状況を確認してみます。(長いので一部のみ記載します)

[root@nas GomenneGomenne-]# storcli /c0 show all
Drive Groups = 1

TOPOLOGY :
========

-------------------------------------------------------------------------
DG Arr Row EID:Slot DID Type  State BT      Size PDC  PI SED DS3  FSpace
-------------------------------------------------------------------------
 0 -   -   -        -   RAID5 Dgrd  N  12.731 TB enbl N  N   dflt N
 0 0   -   -        -   RAID5 Dgrd  N  12.731 TB enbl N  N   dflt N
 0 0   0   252:0    2   DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   1   252:1    3   DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   2   252:2    1   DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   3   252:4    11  DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   4   252:5    10  DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   5   252:3    0   DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   6   252:6    12  DRIVE Onln  N   1.818 TB enbl N  N   dflt -
 0 0   7   -        -   DRIVE Msng  -   1.818 TB -    -  -   -    -
-------------------------------------------------------------------------

DG=Disk Group Index|Arr=Array Index|Row=Row Index|EID=Enclosure Device ID
DID=Device ID|Type=Drive Type|Onln=Online|Rbld=Rebuild|Dgrd=Degraded
Pdgd=Partially degraded|Offln=Offline|BT=Background Task Active
PDC=PD Cache|PI=Protection Info|SED=Self Encrypting Drive|Frgn=Foreign
DS3=Dimmer Switch 3|dflt=Default|Msng=Missing|FSpace=Free Space Present

Virtual Drives = 1

VD LIST :
=======

-----------------------------------------------------------
DG/VD TYPE  State Access Consist Cache  sCC      Size Name
-----------------------------------------------------------
0/0   RAID5 Dgrd  RW     Yes     NRAWBC -   12.731 TB
-----------------------------------------------------------

Cac=CacheCade|Rec=Recovery|OfLn=OffLine|Pdgd=Partially Degraded|dgrd=Degraded
Optl=Optimal|RO=Read Only|RW=Read Write|HD=Hidden|B=Blocked|Consist=Consistent|
R=Read Ahead Always|NR=No Read Ahead|WB=WriteBack|
AWB=Always WriteBack|WT=WriteThrough|C=Cached IO|D=Direct IO|sCC=Scheduled
Check Consistency

Physical Drives = 8

PD LIST :
=======

---------------------------------------------------------------------------
EID:Slt DID State DG     Size Intf Med SED PI SeSz Model                Sp
---------------------------------------------------------------------------
252:0     2 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B WDC WD20EFRX-68EUZN0 U
252:1     3 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B WDC WD20EFRX-68AX9N0 U
252:2     1 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B WDC WD20EFRX-68EUZN0 U
252:3     0 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B WDC WD20EFRX-68EUZN0 U
252:4    11 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B WDC WD20EFRX-68AX9N0 U
252:5    10 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B WDC WD20EFRX-68EUZN0 U
252:6    12 Onln   0 1.818 TB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA DT01ACA200   U
252:7    13 UBad   F 1.818 TB SATA HDD N   N  512B TOSHIBA DT01ACA200   U
---------------------------------------------------------------------------

EID-Enclosure Device ID|Slt-Slot No.|DID-Device ID|DG-DriveGroup
DHS-Dedicated Hot Spare|UGood-Unconfigured Good|GHS-Global Hotspare
UBad-Unconfigured Bad|Onln-Online|Offln-Offline|Intf-Interface
Med-Media Type|SED-Self Encryptive Drive|PI-Protection Info
SeSz-Sector Size|Sp-Spun|U-Up|D-Down|T-Transition|F-Foreign
UGUnsp-Unsupported|UGShld-UnConfigured shielded|HSPShld-Hotspare shielded
CFShld-Configured shielded|Cpybck-CopyBack|CBShld-Copyback Shielded

この段階で確認出来るのが、
DG0、Arr0、Row7のDiskがFailed
RAID5構成のVirtual DrivesがDegraded
Enclosure Device ID 252番、Slotが7番がUnconfigured Bad

Read more ...

Zabbix3.xをFedora25に、あえてRPM Buildでぶち込みたかった話。

2017年5月9日
久しぶりにZabbixServerを新規構築し直そうと、Fedora21の頃に使用した方法を使ってやってみたのですが・・・。
結構重要なRPMが作成されないんですよ・・・

zabbix-server-mysql-3.2.6-1.fc25.x86_64.rpm
zabbix-server-pgsql-3.2.6-1.fc25.x86_64.rpm
このあたりとかモロに・・・。

FC25でPHP7に更新された事が問題ではないのか?というリプも頂いたのですが・・・

「そもそもFedora24でも成功していない」んですよねぇ・・・。
ソースファイルリビルドは・・・まだすんなりといっちゃう場合のみしか自分経験してないんですよねぇ。(そもそも仕様を把握しきれてない)

そんな時でした。
PHP 7.0は、3.0.2以降とか3.2.0以降であれば対応していたと思います。PHP 7.1対応は修正中のようです。ということで、Fedora 25でもパッケージを作成して稼動できることを確認しました。

パッケージ作成成功していらっしゃる・・!
と言う事は、オプションとかConfigとか指定すればいけそう?
色々調べていたらspecファイルを弄るとか弄らないとか。

・・・ぜんっぜん触った事ねぇ。

Read more ...

ZABBIXでマザーボードのセンサー情報を監視

お久しぶりです。

今回はlm_sensorsを使用して、マザーボードのチップセット温度や電圧などを表示出来る様にしてしまおうと思います。

こちらはlm_sensorsのバージョンであったりマザーボードの型次第で、監視可能不可能が非常に別れますので、もしかすると監視できないかもしれません。

当方の環境では、マザーボードにASUS社製のP8Z68-V PROというマザーボードを採用させて頂いています。こちらのマザーは2011年発売の製品で、今も現役で不具合無く、

しかも、2600Kを4.8GHzで常用するのに使っていた固体です。

・・・・・まぁ、我が家のサーバーはCore i7 2600K 4.6GHzのオーバークロックサーバーなので・・・。

Read more ...

OSのキャッシュ書き込みを遅延させる

当サイトを運用している自宅サーバー。

数か月前にOS領域のHDDがクラッシュし、その時は予算が取れなかったために余していたSSDを起動ドライブとした。

TOSHIBA THNSNB06(60GB SSD)

まぁOS域のSSDとして運用を開始し、少し気になることがある。Log等のデータ書き込みで結構頻繁にアクセスがある事。

少しでも延命してやりたい。という事で、デフォルトで5秒ごと書き込みを行っているものを、30秒まで延長してやることにした。あまり長くしすぎると面倒なことになりそうだしね。

cat /proc/sys/vm/dirty_writeback_centisecs
500

まぁデフォはそれですよねー。変更を加えるには/etc/sysctl.confがあるので、本来ならそこに書き加えるのだが、/etc/sysctl.d/ディレクトリにConfigファイルがあるからそっち弄れみたいなことが書いてあります。というわけで変更を加えてみる。ここにもsysctl.confがあるのでそちらに書き込みます。

vim /etc/sysctl.d/99-sysctl.conf
vm.dirty_writeback_centisecs = 3000

追記が終わったら、

sysctl -p
cat /proc/sys/vm/dirty_writeback_centisecs
3000 ←変更した数値になっていればOK

これで書き込み回数減るといいなぁ。(検証中)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。