Monthly Archives: 8月 2014

postfix+outlook.com(旧HotMail)+独自ドメイン

独自ドメインで自宅サーバからメールを送信するように設定します。

Microsoftのメールサービスが独自ドメインでの利用が可能だという事で、初期設定を済ませて独自ドメインメールアカウントを利用開始しました。

※既にサービスは終了しており、現在までに独自ドメイン設定済みの方はこのまま利用できますが、新規の場合有料のOffice365で使用する必要があります。

今回はそちらの設定と、POSTFIXの初期設定は省略させていただきます。何かあれば加筆しますのでその際はコメント欄へ。

今回のブログはざっくりとしか書きません。

前提条件;
・OP25対策されたプロバイダを使用中
・メールサーバーをリレーして送信できる状態になっている
・自宅サーバーはメールを送信する専用サーバー

authinfoへリレー先メールサーバーの認証情報を入力
vi /etc/postfix/authinfo
[smtp-mail.outlook.com]:587 登録メールアドレス:パスワード

Read more ...

apacheを別ユーザー権限で運用している場合に起きる問題(yumアップデート編)

当HPはapacheユーザーで動かしていません。

/var/lib/php/session等、アップデートが入るたびにパーミッション・ユーザー権限が初期値にもどってめんどくせぇ!

というわけで、そんな時用に今回、初めての自作シェルスクリプトに挑戦しました。

挙動としては、/var/lib/phpを参照し、grepでsessionディレクトリだけを抽出します。その抽出結果の中に、ユーザー権限が初期値(root apache)になってる物を検出。
初期値に戻っていれば変更を加え、戻っていなければ何もせず終了します。

/var/www/htmlディレクトリも同じ用な挙動になります。
何故かroot rootになってFTPアップロード出来なくなることが有りましたので。

実際こちらで使うのは、yumコマンドでアップデートを行い、自動的に変更されたディレクトリを元に戻す。という一連の作業をcronで動かすためです。

お役に立てるようでしたらどうぞ利用下さい。

2014/12/10 …シェルスクリプトを更新 yum updateの後にアクセス権限を修正します。

Read more ...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。